骨盤ベルトは産後いつからいつまで?寝る時の付け方は?

産後の体型ってとても気になりますよね。

女性は妊娠によって多くの身体的変化を経験します。

その中でも特になるのが『骨盤のゆがみ』。

 

妊娠・出産が女性の骨盤に与える影響は思いの他大きく、産後に悩みを抱える方も少なくありません。

  • そこで気になってくるのが
  • 骨盤ベルトって付けた方がいいの?
  • いつからいつまで?
  • 付け方は?
  • 寝るときも付けた方が良いの?

なんて疑問も。

 

そこで今回は、骨盤ベルトを産後いつからいつまで付けるべきか、寝る時の付け方を含め詳しくご紹介していきます!

 

産後の骨盤はゆがいみやすい

骨盤ベルトは産後いつからいつまで?寝る時の付け方は?

 

女性は出産をすると骨盤が大きく変形します。

これはどんな女性にも起こる身体の変化。

赤ちゃんの頭が通れるほど大きく開くわけですから、無理もありません。

 

産後、開いた骨盤は徐々に締まっていくのですが、この間の骨盤はとても不安定なんです。

通常、骨盤は靭帯でしっかりと締められています。

出産で骨盤が開く際にこの骨盤の靭帯が緩むことで産道を作るのです。

 

産後すぐはこの靭帯が伸びたままなので、骨盤はグラグラと不安定で非常にゆがみやすい状態になっています。

この時期に、姿勢が悪かったり無理をしたりして骨盤がゆがんでしまうと、骨盤がきちんと締まらないばかりか、腰痛や尿漏・下半身太りなどの産後トラブルの原因にもなってしまうんですよ!

 

そこで活用した方が良いといわれているのが『骨盤矯正ベルト』。

産院で勧められたママも多いのではないでしょうか?

 

一方で、

  • どうして必要なの?
  • どうしても付けるべき?

といった疑問を持つ方も中にはいらっしゃいます。

 

骨盤ベルトが必要な理由についてもう少しみていきましょう。

 

産後には骨盤ベルトを付けるべき?

骨盤ベルトを使た方が良いの理由として考えられるのは、骨盤のゆがみを直す方法が自宅でできる!産後ケアに効果的な6の秘訣、でもお伝えしたように『リラキシン』というホルモンの影響で骨盤が不安定になるから。

妊娠中はこの『リラキシン』というホルモンが分泌されて、分娩時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために、骨盤の靭帯や関節を緩める働きをします。

特に産直すぐは靭帯が大きく伸びきってしまうため骨盤が緩み、グラグラで不安定な状態になるのです。

 

骨盤が緩むということは、骨盤の身体を支える力が弱まるということ。

その分、骨盤周辺の腰や股関節の筋肉に大きな負担がかかるようになります。

 

その結果、

  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 恥骨痛

などを引き起こす原因となってしまうのです。

そのため、産後は骨盤ベルトを巻いて、緩んでグラグラになった骨盤をしっかり安定させることが大切とされています。

 

骨盤は自然には戻らないの?

産後は骨盤が開くというけれど『開いた骨盤はそのうち締まるのでは?』と思う方もいるかもしれません。

でも、残念ながら開いた骨盤をはそのままでは元の位置には締まりません。

正確には『ある程度は戻るが変形したまま固定化されやすい』ということ。

 

前述したように、出産の際には頭囲が30センチ以上もある赤ちゃんが産道から通れるようにするため骨盤が開きます。

骨盤が開くために、骨盤を支える靭帯も緩みます。

この靭帯は、産後徐々に固くなっていき、骨盤が開いている場合開いたままの形で骨盤を固定してしまうのです。

そう聞くととっても怖いですが、逆に下半身太りが気になる方にとっては、産後は逆に引き締めのチャンスです。

骨盤の靭帯が緩んでいる時こそ、骨盤を締めやすいのです。

 

骨盤ベルトを使って骨盤を締めると、内臓が正しい位置に戻り筋肉がついて代謝がよくなるので、

  • たるんだお腹が引っ込む
  • 腰痛や恥骨痛が軽くなる
  • 広がったお尻が締まる
  • 便秘が治る
  • 尿漏れが治る

といった女性に嬉しい効果が得られるのです。

 

尿漏れの改善

腹圧性の尿もれは

  • 出産
  • 老化
  • 肥満
  • 運動不足
  • 女性ホルモンの低下

などが原因で、尿道を支えている骨盤底筋と呼ばれる筋肉や、骨盤底の靭帯に負担がかかるなどの理由で膀胱の収縮や、緩めたりする尿のダムのような役割をしている尿道括約筋が弱くなることでおこります。

 

特に女性は男性よりも尿道が短い、前立腺がないことから尿道の筋肉を締める力が弱まりやすいのです。

その結果、お腹に力がかかり、膀胱に圧力がかかっても尿道がしっかり締まらないため、尿が漏れてしまうのです。

骨盤ベルトは、弱くなった骨盤底筋をしっかりサポートして、頻尿や尿漏れを防ぐ効果があります。

 

産後の体型を元に戻す

妊娠を経験した女性は骨盤が開くためにお尻が大きくなってしまいます。

骨盤ベルトは、出産によって開いた骨盤を矯正して骨盤を閉じる効果があります。

このために、産後の大きくなったお尻を締めつけることで大きくなったお尻を解消してくれるのです。

 

また、O脚の大きな原因の1つが骨盤の歪みです。

このようなO脚の人の骨盤をしっかりとサポートして歪みを矯正するのでO脚にも効果があります。

骨盤の歪みが解消できるうえ、まっすぐでキレイ脚を手に入れられるなら、絶対に使用したいところですよね?

 

現代人は骨盤がゆがみやすい

特に近年は、洋式の生活スタイルが定着したため、和式スタイルならではの立つ・しゃがむなどの動きが日常生活に少なく、骨盤の靭帯や筋肉が自然には鍛えられにくいのが現状です。

さらには、過度なダイエットだったり運動不足の影響もあり、骨盤の靭帯や筋肉が弱い女性が多いのです。

これらのことからも、『産後に骨盤ベルト着用は必須』といっても過言ではないのです。

 

実際に、骨盤ベルトを着用してその効果を実感された方はこんなことを言っています。

 

ベルトを使って効果がありました。産後の恥骨痛、腰痛が楽になりました。

 

産前産後使える骨盤ベルトと、骨盤ベルトが着いているガードルをダブルで使いました。
使用開始2ヶ月ではけなかったズボンがはけるようになりました。

 

といったように効果を実感されている方は増えてきているのです。

あなたもぜひ骨盤ベルトを使用していきましょう!

 

骨盤ベルトはいつからいつまで必要?付け方のポイント

骨盤ベルトは通常、出産直後から産後2ヵ月くらいまでが妥当と言われています。

産院の入院準備品に骨盤矯正ベルトが挙げられていることもあるくらいですから。

病院によって方針の違いが多少あるので、出産直後のまだ分娩台の上にいる状態で、助産師さんが骨盤ベルトを巻いてくれる産院もあれば、翌日から付けるように指導される場合もあります。

 

いずれにせよ、早めにベルトで骨盤を固定した方が良いという考え方が主流ですので、不安がある方は助産師さんや医師に確認してみても良いかと思います。

産後の骨盤を矯正するベルトにはさまざまな種類がありますが、いつから使えるかも商品によって異なります。

 

ただ、産後すぐに付けることもあるので、出産直後から使えるものを持っていると良いでしょう。

骨盤矯正ベルトの効果を最大限に引き出すには、いつから使うかも重要ですが、付け方も重要です。

特に付ける位置に注意してください。

 

まずは実際に触ってみて、骨の位置を知る事から始めましょう。

ベルトのタイプによって巻き方は異なりますが、ここでは一般的なベルトのような支えるタイプの巻き方をご説明します。

 

恥骨結合

始めに恥骨を結合している、恥骨結合という軟骨を探しましょう。

両手をひろげて親指をおへそに置き、そのまま真下にさげていきます。

親指が硬い部分に当たれば恥骨結合です。

 

大転子

次に大転子という骨を探します。恥骨結合を探し当てた状態で、両手を体に沿って水平に横移動しましょう。

太ももの付け根にある大転子は、太ももの付け根あたりに手を置き片足ずつかかとを上げてみると、丸い出っ張りが動くのですぐに分かります。

 

上前腸骨棘

そして上前腸骨棘は両手を腰に当てると人差し指あたりにくる大きな骨の事です。

骨盤ベルトは、この上前腸骨棘にかからないように付けます。

 

正しい位置にかける

3か所の骨が確認できたらまず、お尻を包むようにベルトを後ろから前に回します。

次にベルトが大転子の出っ張りと、恥骨結合のラインにかかる位置に来るようにし、上前腸骨棘の下にあるくぼみ部分にかかっているかを確かめます。

 

 仰向けになり骨盤高位の姿勢に

片手でベルトをまとめて持ち、クッションなどを腰の下に当てて膝を立てた状態で仰向けになり5分ほど安静にします。

この姿勢を 『骨盤高位』 と言って、子宮や内臓を正しい位置に戻す効果があります。

 

ベルトを締める

最後にベルトの位置を再度確認しながら、そっとベルトを締めていきます。

この時、恥骨の辺りに手を入れてみて、すっと入るかを確認します。

キツく感じた時は締めすぎです、心地よいと感じる強さに調整しましょう。

 

締めすぎは血液などの流れが阻害され、腰痛やむくみ、痺れといった原因につながりますので注意が必要です。

また、悪露がスムーズに排出されないなどのトラブルのもとにもなりかねません。

 

緩んでしまった骨盤の靭帯が再び固くなるのには最低2ヶ月程度かかります。

それぞれの時期に合ったものを選び、産後すぐから少なくとも産後2ヶ月頃まで着用しましょう。

腰が痛い、お腹のぽっこりが治らない、などという場合は産後2ヶ月を過ぎても着用を続けることをおすすめします。

 

骨盤ベルトは産後骨盤を締めることだけが目的ではなく、骨盤を正しい位置にキープすることで腰痛を和らげてくれる効果もあります。

赤ちゃんのお世話は、かがんだ姿勢でおむつ替えを頻繁にしたり、慣れない抱っこを続けたりなどして腰を痛めがちです。

腰がつらい時は骨盤ベルトをぜひ活用してくださいね!

 

寝る時の付け方

早く効果を実感したいという方は

  • 寝ている時も付けていいの?
  • 付け方は変わるの?

といった疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、骨盤矯正ベルトを寝るときも付けるかどうかは、意見が分かれる所ででもあります。

骨盤は通常、昼間は締まり、夜には緩むという性質を持っています。

そのため、もともと骨盤が緩む夜間は付けない方が良いという意見もあります。

 

また、骨盤矯正ベルトは正しい位置で使わないと効果が半減してしまいますが、寝ている間はベルトがずれてしまっても直せませんよね。

そのため、夜寝るときには付けないという考え方があるのです。

付け方は基本的には変わりません。

 

ただ、腰痛などの不安がある場合は、医師や助産師に相談してみましょう。

医師や助産師から夜も付けるように指導された場合はそのようにしてください。

 

産後に骨盤ベルトを使う際の注意点

驚く

骨盤ベルトは効果のあるものだからこそ、正しく使わないと身体に悪影響を及ぼしかねません。

前述した内容をさらに詳しくご紹介しておきますので、あなたもしっかりとこの注意点を守って使用してくださいね!

 

位置

骨盤ベルトには、骨盤を締めるほどの力があるので、間違った位置で締めると骨盤が開いてしまうこともあります。

ウエストのくびれが終わったあたりに、少し出っ張った骨がありますが、この部分を圧迫してしまうと、そこにかけられた圧を逃すために骨盤が開いてしまいます。

 

正しいサイズを(きつく締め過ぎない)

  • 早く効果を出したい
  • 妊娠前よりも引きしまった身体になりたい

などと考えて小さめのサイズを無理して着用することはとても危険です。

また、がちがちに締めた状態だと筋肉が動かなくなり、血流も悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

その影響で下半身がむくんだり、周囲の関節(股関節など)の可動域が狭くなったりもします。

 

つまり血流が悪くなることで、産後の身体の回復を遅らせることになってしまいます。

逆に、サイズに余裕がありすぎても効果が低くなってしまいます。

必ず正しいサイズを計測してから購入しましょう。

出産直後のサイズを計測して選ぶのが一番良いですが、産後の忙しさなどでそれができないと思う方は、

 

妊娠中の体重増加が8キロ未満→妊娠前と同じサイズ(Mサイズの洋服を着ていた方はMサイズの骨盤ベルトを選ぶ)

妊娠中の体重増加が8キロ以上→妊娠前より一つ上のサイズ(Mサイズの洋服を着ていた方はLサイズの骨盤ベルトを選ぶ)

 

このように体重の増加を参考に選ぶこともできますので、参考にしてみてください。

 

通気性

長時間使用する方は『通気性の良いもの』を選びましょう。

蒸れてかぶれてしまうと、骨盤ベルトを使うのが苦痛になってしまいます。

お肌がかぶれやすい方は、メッシュタイプを選ぶか、骨盤ベルトの下に綿素材の腹巻を着用するとかぶれにくくなります。

暑い季節に使用するという場合は、幅が狭いものを選ぶとよいでしょう。

 

ズレてきたら巻き直す

骨盤ベルトを巻いて日常生活をおくっていると、だんだんとベルトの位置がズレてくることがあります。

ズレた状態のまま付けておくと、骨盤ベルトの効果を得られなくなってしまうので、ズレてきたら正しい位置に巻き直すようにしましょう。

 

また、しっかりと正しい方法で巻いていないと、ズレてきやすいです。

ちょっと動くくらいでズレてしまうような場合は、正しく巻けていない可能性が高いので、再度着用方法を確したいところです。

 

まとめ

骨盤矯正ベルトは、出産で開いてしまった骨盤を正しい位置に戻すためのサポートアイテム。

正しい付け方をすれば、骨盤を締める効果が期待できますし、腰痛の予防にもなるのでぜひ有効活用したいですね。

ただし、骨盤ベルトを使う期間や付け方はしっかり守ってくださいね!

 

骨盤をきちんと締めたいからと、あまり長い期間ベルトに頼ってしまうと、本来骨盤を支えるべき筋肉が衰えてしまいます。

骨盤矯正ベルトがなくても骨盤を正しい位置で支えられる身体になるよう、産後2ヵ月を過ぎたら、徐々に使用時間を減らしていくと良いでしょう。

 

女性にとって骨盤は、美容・健康に重要な役割を果たしますので、今まで気にも止めていなかった方はこの機会にぜひ骨盤矯正を取り入れてみてくださいね!

 

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*