近年、パソコンやスマホが普及してきている事から、目を酷使している人がかなり増えてきています。

実際に目を使い過ぎて、

 

  • 目が疲れて辛くなる
  • 目の奥が痛くなる
  • 頭痛がする
  • 首や肩がこる
  • 気分が悪くなる

 

などなど、目に関する問題が急増しています。

今回はそんな目を酷使している人に向けて、目の疲れを癒すツボ、そしてそのマッサージ方法を詳しく解説していきたいと思います。

目の不快感を改善したい方は是非、チェックしてみてください。

 

そもそも疲れ目の原因とは?

疲れ目の原因

そもそも疲れ目の原因って何?

と、疑問に思っている人も多い事でしょう。

 

そこで、今から目の疲れの原因を厳選してピックアップしてみましたので、ご覧ください。

目が疲れる原因を知る事で、改善方法が見えてきますので、是非参考にしてみてください!

 

眼瞼下垂(がんけんかすい)

あまり聞き慣れない病名ですよね。

上まぶたの筋肉が正常に機能せずに目が上手く開かなくなる病気になります。

 

通常まぶたを上げるにはそれを司る筋肉や神経が必要ですが、それらに異常が起こると半目のような状態になってしまいます。

程度にもよりますが、症状が重くなってくると完全に黒目が隠れたりもするんですね・・

両目だけじゃなく、左右どちらかの目だけに症状が現れるケースもあります。

 

眼精疲労

眼精疲労は目薬のテレビCMなどでもよく耳にする病名ですが、実は結構深刻な状態と言えます。

『疲労』とついているので、単に疲れ目と同じでぐっすり寝て起きれば治ると思っている人が多いですが、寝るだけでは治らないんです。

 

  • とにかく目が疲れる
  • ドライアイ気味である
  • まぶたがピクピクと痙攣する
  • 鈍い痛みがある
  • 充血もある

 

これらの症状が眼精疲労の特徴となっています!

 

ストレスが蓄積している

目が疲れたり、まぶたが重くなったら実は、目自体じゃなくストレスが原因になっている事もあります。

具体的には、

 

  • 仕事で精神的にも疲れている
  • 食べ過ぎや飲み過ぎ
  • 長時間ずっと仕事やスポーツをしている
  • 夜更かしなど生活リズムが乱れている

 

などによって、ストレスが溜まってしまいますと、眼の筋肉が常に緊張状態になります。

結果、血の巡りが悪くなり疲れ目になってしまうワケです。

 

そして目のすぐ奥にある脳への悪影響により、頭痛の原因にもなったりしますので、注意が必要です。

 

眼鏡やコンタクトの度数が合ってない

文字通りなのですが、コンタクトなどの使用頻度が高い場合は、かなり目に負担がかかっている事は容易にイメージできると思います。

症状が重くなってきますと、先ほど紹介したような、

 

  • 後天性の眼瞼下垂
  • 眼精疲労
  • ストレスの蓄積

 

になりかねないので、注意が必要となります。

1度そういう悪い習慣が身に付いてしまいますと、なかなか自分から直そうと思わなくなります。

ちょっとでも『なんか疲れてる・・・。』と感じたら、早急な対処を行うようにしましょう!

 

自律神経失調症

この病名を聞くと、首の凝りや肩こりなどを思い浮かべる人が多いと思います。

ですが、自律神経は全身に関係しているので、目にも症状が出てくるんですね。

具体的には、

 

  • 目がショボショボする
  • 目の奥の痛み
  • まぶたが重い感じがある
  • ドライアイ
  • いつもより光をまぶしく感じる

 

これらの症状が出る事がありますね。

 

このように、目の疲れの原因はたくさんある事が理解できたかと思います。

もしかしたら、あなたに当てはまる事がいくつかあったと思いますよ!

 

目の疲れが引き起こすデメリット

疲れ目の原因

さて、続いては目の疲れが引き起こすデメリットをご紹介していきたいと思います。

目の疲れは、体全体にとってデメリットになりますので、必ずチェックしておきましょう!

 

ドライアイになる

目に疲労が溜まると、ドライアイになるリスクが高まります。

ドライアイは他の目の病気を呼び込む大変危険な病気です。

しっかりとした知識を身に付け、ドライアイにならないように気をつける必要があります。

 

それに、涙には目に入った埃などの異物を取り除く他に、除菌や角膜に酸素を与える役割があります。

ところがドライアイになりますと、目全体が乾燥してしまいます。

そのため、上記の重要な役割を充分にこなせなくなってしまう事はあるのです。

 

結果として目が傷つきやすくなったり、細菌に感染しやすくなります。

そのまま放置してしまうと、角膜炎などの病気に罹ってしまう恐れもあるため、すぐに対策する必要があるのです。

 

充血やクマができ、顔の印象が暗くなる

目が疲れてきますと、顔に悪い印象がつきまといます。

目元は最も視線を集めるため、ビジネスなどでは特に気をつける必要があるんですね。

具体的にどのようなデメリットがあるのかを知り、相手に悪い印象を与えないように心がけましょう。

 

また、目元のクマは顔に暗い印象がまとわりつく上に非常に不健康そうに見えますので、改善したところ。

連日の残業などで疲れが溜まっている人は、暗く重苦しい雰囲気を持っていますよね。

 

疲れももちろんありますが、目の充血やクマによって普段以上に顔が暗く見えるせいでもあるのです。

人は見た目の印象が第一と言われていますので、十分に気をつけたいですよね。

 

目の疲れを取るマッサージ方法を伝授!

目の疲れに効いて、正しく目をマッサージする為には、ツボ押しマッサージの基本を学ぶ必要があります。

ここでは、そんなツボ押しマッサージの基本を詳しく解説していきたいと思います。

 

ツボ押しの基本

ツボを押すときは、基本的に優しく、ゆっくりと指の腹で押すのが基本です。

基本的なツボの押し方は下記の通りです。

 

  • 押す強さ・・・ほどよい刺激、やや強め
  • 押す時間・・・ひと押し3秒~5秒

 

押すときは、ゆっくり押して、ゆっくり離す事を意識していきましょう。

ツボを押す時間は、数十秒から数分といった方法が基本になります。

また、左右対称にあるツボは、左右セットで、均等に、同じように押していきましょう!

 

ツボの指圧方法

ツボを押すの押し方は、先ほども言いましたが指の腹が基本です。

ここでは、指の腹、それ以外の指圧方法を紹介していきますね。

具体的なツボの指圧方法としては、

 

  • 押す・・・指のはらで押す
  • もむ・・・指全体、手の平でもむ
  • たたく・・・手の平、こぶしで軽くたたく

 

といった押し方が基本になります。

もしも、ツボのある位置が痛い場合には、押さずに、軽くさするだけでも効果が期待できます。

 

ツボ押し・マッサージする時の注意点

ツボ押しをする時の注意点を紹介します。

ツボを押すときの注意点としては、

 

  • チカラまかせに押さない
  • 長時間、同じツボを押さない
  • 同じツボを押しすぎない

 

といった注意点があります。

これらをしっかりと守ってマッサージをしていきます!

 

ツボを押すのがNGのタイミングとは?

体調や状態によっては、ツボ押しがNGのタイミングがあるのをご存知でしょうか?

具体的に、ツボ押しがNGのタイミングとしては、

 

  • 妊娠中
  • 飲食後30分以内
  • 飲酒後
  • サウナから出て30分以内
  • ツボ周辺がケガをしている時
  • ツボ周辺が火傷している時
  • 発熱がある時
  • 手術をした後

 

これらのタイミングではツボ押しマッサージはNGです。

では、今から目の疲れを取るツボマッサージ方法を詳しく解説していきます。

目の疲れを取るツボを伝授!

疲れ目の原因

目の疲れを取る方法はたくさんあります。

その中でも一番効果的なのが、ツボ押しマッサージなんです。

 

今から、そんなツボ押しマッサージをご紹介していきたいと思います!

 

清明(せいめい)

清明(せいめい)は、目の疲れを解消するツボとして有名です。

目が疲れた時に、なんとなく押してしまうツボです。

 

ツボの位置は、目頭の少し上、鼻の根元の上のくぼんだ当たりにあります。

その辺りを軽く押さえる事が重要です!

 

攅竹(さんちく)

攅竹(さんちく)は、屈折異常などの近視の人、老眼の改善、遅らせるにも良いツボです。

『目の不自由な人をたすける竹枝が集まっている』という意味があるぐらい目に良いんですね!

 

ツボの位置は、眉毛の鼻側のはしにあります。

指で触ると、凹んでいる部分があるので、そこが攅竹(さんちく)のツボです。

 

攅竹(さんちく)を軽く押さえてマッサージするように、軽く指圧していきます。

 

陽白(ようはく)

陽白は、神経の疲れに効くツボです。

特に、眼精疲労の予防効果が期待できるので、陽白を指圧することで、目がスッキリする効果が期待できます。
ツボの位置に関しましては、まっすぐに前を見たときに、黒目からまっすぐ上、眉毛の上2センチの額にあります。

陽白(ようはく)のツボは、くぼみが小さいので、他のツボよりも分かりにくいです。

軽く押して痛みがある部分がツボの位置です。

 

魚腰(ぎょよう)

魚腰(ぎょよう)は、乱視、老眼、白内障、眼筋まひに効くツボとして知られています。

このツボを押すと、目の周囲にある筋肉を刺激することができます。
ツボの位置は別名『眉中(びちゅう)』というツボで、眉毛の真ん中にあるツボです。

 

糸竹空(しちくくう)

糸竹空(しちくくう)のツボを押すと、気分がスッキリする効果が期待できます。

期待できる効果としては、目の充血、頭痛、眼精疲労の予防などです。
このツボは、眉毛の端、まゆ尻の部分にあります。押してみると少しくぼみになっています。

 

太陽(たいよう)

太陽(たいよう)は目に良いツボです。

特に、老眼、頭痛、偏頭痛などに効果が期待できます。

 

ツボの位置は、眉毛の端(まゆ尻)と目尻の中間地点から、すこし耳の方にあります。

 

客主人(きゃくしゅじん)

客主人(きゃくしゅじん)のツボは、目が疲れたときに押している人が多いツボです。

目ともみあげの間、こめかみのあたりにあるツボです。

 

瞳子りょう(どうしりょう)

瞳子りょう(どうしりょう)は、眼精疲労、目のかすみ、目の充血、眼精疲労からの頭痛などに効果が期待できるツボです。

ツボの位置は目尻から、親指半分ぐらい耳の方にあります。

 

風池(ふうち)

風池(ふうち)は、体の様々な疲労感を解消する効果が期待できます。

具体的には、頭痛や肩こり、視力回復などに効果が期待できます。

 

後頭部の首の付け根で、後頭骨の下にあるくぼみから2センチ~3センチほど横にあります。

髪の生え際より少し上にあります。

 

身柱(しんちゅう)

身柱(しんちゅう)は、ストレスがある時に、リラックスさせる効果が期待できるツボです。

目の疲れは、目の周辺の筋肉の緊張が関係するので、体をリラックスさせると良いです。

 

首の付け根にある出っ張った骨を中心に、背骨のくぼみ3個目のところにあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、目の疲れを取る方法ツボ&マッサージ方法を解説していきました!

目が疲れたな〜と感じたら是非、参考にしてみてください!