最近では『お肌に優しい』というアピールをするために、「◯◯不使用」などいいイメージを与えるために使われることがあります。

ただ、実は厚生労働省が認定している美容成分と違い、『無添加』には定義がありません!

 

なので、イメージだけで無添加石鹸を選ぶのではなく、各メーカーの意味を考えて、本当に自分にあった『お肌に優しい』石鹸を選ぶのが大切です。

敏感肌で悩んだ経験からお肌に優しくて美肌にもいい石鹸の選び方をお伝えしていきますので参考にしてみて下さい。

 

敏感肌で悩んだ経験から

無添加石鹸 人気 ランキング

お肌のスキンケアってなかなか難しいと思っている方も多いかもしれません。

それこそ、お肌のコンディションは人それぞれなので、人によって千差万別。絶対にこれ!というのは正直ないと思います。

ただ、実際に敏感肌で悩んだ経験としてはやはり無添加ものを選んだ方が絶対にいいということ。

 

よくCMでやっているようなものだけをイメージで買うのではなく、しっかりとどの成分がどのような影響を自分に与えているのか。肌が荒れてしまう原因は何なのか。といったところを考えることから始まると思います。

 

敏感肌や肌荒れが深刻でなければ、ただ正直日々忙しいなかそんなことを考えるのは面倒と思うのではないかと思いますが、実際に石鹸を変えて肌質が変わったと実感のある私が無添加石鹸のことや人気の無添加石鹸ランキングについてお伝えしていきます。

 

まずは『無添加』に一言でいっても実は様々な種類がありますので、そちらからお伝えしていきます。

 

無添加石鹸とは

無添加石鹸 人気 ランキング

無添加石鹸とは本来の意味で考えるなら添加物が入っていない石鹸のことです。

ただ、明確な定義は厚生労働省で定められていません。

 

一番シンプルな石鹸成分の構成は石鹸素地のみの表記である脂肪酸ナトリウムor脂肪酸カリウム98%以上の『純石鹸』と呼ばれるタイプです。

 

純石鹸こそ真に『完全無添加の洗顔石鹸』ということができます。

ただこれは

  • 保湿成分
  • 防腐剤
  • 品質安定剤

などを含めて一切他の成分が配合されていないため、洗顔後の乾燥肌が気になったり、使い続ける上で衛生面が心配です。

 

そのため、天然由来の成分を活用し美容効果や品質をサポートするのが、一番肌に負担をかけずに石鹸としての性能を向上させる上で大切になってきます。

 

人によってはそれは純石鹸に天然由来成分を『添加』していると考える方もいるかもしれません。

ただ化粧品などに関してはアレルギーなど体に何か悪い影響を及ぼす可能性が高いことから厚生労働省に定められた表示指定成分の102種類の添加物を加えることを『添加』と表現しています。

 

この102種類に含まれているのが、

  • 界面活性剤
  • 防腐剤
  • 香料
  • 着色料

といったものになります。

 

これらが1つでも無添加であれば無添加石鹸と表現してしまっているメーカーも多いのです。

そういったことが起こるのは『無添加』の明確な定義が定められていないからです。

そのため、各メーカーで『無添加』という定義が異なってきます。

重要なのは石鹸を選ぶときに見ておくべきポイントを知っておくことです。

 

化粧品に定められる添加物のように有害なものでない、天然由来の成分を『添加物』とするかは様々議論がありますが、個人的には天然由来の成分はあっても問題ないと感じています。

 

様々な成分がありますが、どのような成分が悪くて、どのような成分がいいのか。

それ以外にも成分や製法による特徴の違いなどから自分にあった石鹸選びのポイントを見つけていきましょう。

 

一例として香料について

香料と見てどのようなものが入っているかイメージがつくでしょうか?

きっとフローラルな成分が・・・

そう思っている方はちょっと危険かもしれません。

 

香料は何種類も香料をいくら混ぜても「香料」と表記できることを知っていますか?

「一括表示」というのですが、我々消費者は何がどのくらいの割合で入れられているか知ることはできません。

香料は体にだけでなく、環境にも悪い成分として知られていますので、注意が必要です。

 

香料などおすすめできない成分もあるということをお伝えしましたが、逆におすすめの成分はどのようなものがあるのでしょうか?

続いてはおすすめの成分についてお伝えしていきます。

 

無添加石鹸のおすすめ成分

無添加石鹸 人気 ランキング

アロエ

アロエと言えば火傷のときにつけるなどといったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

抗炎症効果を持っていたり、それ以外にも保湿効果があります。

また、アロエの成分の1つである『アロエジン』がメラニンの生成を抑制することが近年明らかになっています。そのためシミやそばかすにも効果があるのです。

 

サンダルウッド

サンダルウッドはアロマの世界ではなくてはならない存在としてランクの高いものとして扱われてきました。

乾燥肌の保湿や肌荒れ、炎症にも効果的です。

それ以外にも、水分を調節する効果があるので、むくみ・セルライトにも効果的です。

 

ウコン

ウコンというとCMをよくしているので、二日酔いに効くといったイメージが強いかもしれませんが、クルクミンが肌の廊下の原因となる活性酸素の除去をしてくるので、若々しい肌へ導いてくれる効果もある優れものです。

 

ヘチマ

ヘチマは江戸時代に、ヘチマ水が流行り大奥の女性たちも美容のために使っていたとされるほど日本では歴史ある美容成分。

アンチエイジング効果があるとして知られるサポニンは肌細胞を活性化させて、新陳代謝を促進するアンチエイジング効果があります。

 

それ以外にも、抗炎症作用があるため、紫外線などのダメージやニキビなどの炎症の緩和にも効果ができる優れた成分です。

 

ヨモギ

日本各地で取れるヨモギですが、優れた美肌効果があることがわかっています。

クロロフィルとういフラボノイドの一種が抗酸化作用をもたらしてくれるので、肌が老化する原因になる活性酸素を抑えてくれるのです。

また、ビタミンA、Cも含まれてるので、美白効果も期待できます。

 

ニーム

ニームはインドの伝統的な医学(アーユルヴェーダ)で使われるハーブの1つです。

肌老化抑制効果のあるカロテノイドは血流を改善して肌の代謝を高めてくれる効果があります。

また、抗菌や抗ウィルス作用もあるので石鹸としての役割も期待できます。

 

ラベンダー

ラベンダーは観葉植物としてだけでなくアロマにもよく使われる万能な植物。

鎮静作用や抗菌など皮膚に様々ないい影響を与えてくれます。

刺激も低く肌を活性化してくれるため、古くから愛用されている成分です。

 

ドクダミ

ドクダミは漢方で解毒薬として使われてきた歴史ある薬草です。

様々な効能を持っていますが、殺菌、抗菌や抗炎症作用があるので、ニキビや肌荒れにも効果的です。

それ以外にも保湿効果も持ち合わせているため、人気が高い成分の1つです。

 

ハトムギ

サプリメントにも使われるハトムギはミネラルやタンパク質など栄養もバランスに優れ、美肌効果も持ち合わせています。

 

甘草

甘草の主成分グラブリジンはメラニンの生成を抑える働きがあります。そのため、美白効果があります。

また、活性酸素を除去するこう効果やストレスを和らげる効果、ホルモンバランスを整える効果も持っているので、女性にとっては大変有効な成分です。

 

ローズマリー

香りが認知症にも効果的と言われ有名になったローズマリー。

集中力を高めて、軽いうつ病を和らげる効果があるとされています。

料理などにも使われているので、よくご存知の方も多いかもしれませんね。

 

カレンドラ

エジプト時代から肌荒れの予防や敏感肌のケアに使用されてきたキク科の植物です。

保湿や肌荒れに優れて効果をもち、ヨーロッパでは敏感肌の保護に長年用いられてきました。

敏感肌は注目の成分ですね。

 

セージ

強い抗菌・抗ウィルス効果を持ったハーブであるセージ。

中国医学では神経系の強壮薬として使われており、抗酸化作用も持っているので老化防止にも役立ちます。

 

カミツレ(カモミール)

カミツレは古くからヨーロッパで親しまれてきたハーブです。

リラックス効果や不眠症の治療に使われてきました。

活性酸素の酸化ダメージが老化に繋がるとされていますが、酸化の前段階である『糖化』の状態が発生するのを防止してくれる効果があるとして注目を再び浴びている成分です。

 

ローズ

ローズは心身をリラックスさせてくれるだけでなく、女性の気分を高揚させてくれる香りです。

ビタミンC・Eやポリフェノールなどが多く含まれており、肌に弾力をもたらしてくれるだけでなく

女性ホルモン・エストロゲンの分泌を促しれくれる効果がありますので、アンチエイジングを期待できる成分ともいえます。

 

おすすめの天然由来の成分には様々なものがあることをお伝えさせていただきました。

成分以外にも無添加石鹸を選ぶポイントがありますので、そちらを続いてお伝えしていきます。

 

無添加石鹸を選ぶポイント

無添加石鹸 人気 ランキング

ここでは完全無添加でなくても有害な『添加物』がなく低刺激ながら美肌に近づける石鹸の選び方をお伝えします。

ポイントは4つあります。それぞれ見ていきましょう。

 

原料のアルカリ・酸性

石鹸の素地は一般的に弱アルカリ性、合成界面活性剤は弱酸性がつかわれていることが多いのですが、洗浄成分はアルカリ性がおすすめです。

CMなどで弱酸性=肌に優しいというイメージが作り込まれていますが、肌自体は弱酸性なので、アルカリ性石鹸と中和させることで不要な汚れだけを落としつつ肌への負担を抑えることができます。

化粧水、乳液などでしっかりとケアすれば肌は弱酸性に戻るため、洗顔後に保湿ケアでお手入れをすれば必要以上に肌が乾燥してしまうという状態を防ぐことができます。

 

原料の油脂

無添加タイプの石鹸に含まれる原料油脂は天然由来の植物油が使われているものがおすすめです。

植物以外も原料油脂には石油由来の鉱物油があります。

これは植物由来の成分に比べて美肌成分に乏しいものが多いのです。

 

おすすめの成分としては

  • アボカド油
  • ホホバ油
  • ココナッツオイル
  • バージンオリーブ油
  • ひまわり油
  • アルガンオイル
  • 米ぬかオイル
  • オリーブオイル
  • ハーム油
  • モリンガオイル
  • ゲッケイ樹オイル

などになります。

 

製造方法

製造方法で大切なのが、グリセリンという化粧品に含まれている保湿成分の一種が含まれているものを選ぶことです。

グリセリンがあるものだと洗顔後にツッパリ感が出にくくなります。

グリセリンは製造方法によって残るかどうかが変わってきます。

 

石鹸の製造方法には

  • ホットプロセス
  • コールドプロセス
  • けん化塩析法
  • 中和法

などが主な製造方法になりますが、けん化塩析法と中和法の場合はグリセリンが取り除かれたり、分解されてしまうため、ほとんどグリセリンが残りません。

 

その分、余分な添加物が配合されない純度の高い石鹸ができあがります。

ただ、乾燥肌に悩んでいる方は潤いがもっと欲しいと感じるでしょう。

 

一方でホット、コールドのプロセスは不純物が若干残りますが、グリセリンの原材料の持つ美容成分もそのままにになるため、肌に優しい石鹸を作り出すことができるのです。

 

成型方法

石鹸は成型をへて売られている石鹸の形になるのですが、成型の方法によっても先ほどお伝えしたグリセリンが失われてしまう可能性があります。

主な成型の方法は

  • 枠練り法
  • 機械練り法
  • 真空加圧製法

です。

 

機械練り法ですが、機械で低コストで行うことができますので、市販の低価格な石鹸はこの方法が主に取られています。

石鹸素地を機械で乾燥して、急速に乾燥させるので、グリセリンや美容成分は破壊され、失われてしまいます。

また、低品質な石鹸の場合、水と一緒に雑菌が入ってしまうため注意が必要です。

 

一方で通販などで売られているような品質にこだわったものは枠練り法を使っています。

枠練り法の特徴としては、石鹸素地を釜などに流して手間暇かけて冷やし固め、自然乾燥をします。

そのため、グリセリンや原材料の美容成分などを含んだ状態で完成できるため、お肌にいい石鹸に仕上げることができます。

 

そして、真空加圧製法ですが、熱や水を一切に加えずに成型する方法です。

グリセリンや石鹸素地に含まれる成分はそのまま残りますので、こちらもおすすめの製法です。

口コミでは他の2つの製法に比べて塩分を多めに配合できることから殺菌効果が高まり、敏感肌の人からの口コミもいいのが特徴です。

 

このように無添加石鹸を選ぶポイントをおさえることで質の高いものを選びやすくなりますので、ぜひおさえておきましょう。

一方で無添加石鹸でよく言われている注意点もありますのでそちらもお伝えしていきます。

 

無添加石鹸の注意点

無添加石鹸 人気 ランキング

泡立ち

無添加石鹸は石油由来の合成界面活性剤・化学成分が配合されていないため、そのような洗顔料に比べると泡立ちの悪さを感じるかもしれません。

それ以外にも少量で大きな泡立ちを得られるような合成成分も入っていないので、泡がへたりやすく感じるかもしれません。

 

ただ、この点については最近では技術が進歩しているので、無添加石鹸でもきめ細かくて濃密な泡立ちを確保できるようにはなってきています。

洗顔ネットなどを活用したり、泡立ちを得やすい人肌よりちょっとぬるい温度のお湯で泡を作ることで、工夫することもできます。

ぬるま湯は肌の皮脂を落とすのにも最適な温度とされていますので、ぜひ活用してみて下さい。

 

消費期限

完全無添加の石鹸の中には消費期限が決められているものもあります。

つまり防腐剤などの品質劣化に対応する成分が含まれていないと劣化を避けられないということになります。

保存の仕方によっては雑菌が発生してしまうので、注意が必要です。

 

最近では品質維持や劣化防止のために天然由来の品質保持成分を配合しているものもありますので、そのようなものを選んだ方が、衛生面でも安心です。

肌トラブルのことを考えると添加物は避けたいと感じている方も多いと思いますが、石鹸の総合的な衛生面や扱いやすさを考えると肌に負担の少ない天然由来成分の品質保持成分があった方がいいと言えます。

 

石鹸カス

洗顔フォームなどと比べると無添加石鹸はカスがでるという話があります。

科学成分を使っているものや添加物を使って泡切れのよさやスッキリ感を出しているものもあります。

 

ただ、最近では無添加石鹸も進化しており、カスや成分が肌に残って悪い影響を与えることはないです。

石鹸カスは皮脂汚れや垢もあるのですが、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムが石鹸の成分と反応してしまってでてしまう金属石鹸とも言われていますので、アルカリ性の汚れを落としやすい石鹸の証明です。

ただもちろんしっかりと洗顔することが前提にはなります。

 

無添加石鹸と美肌

無添加石鹸 人気 ランキング

無添加石鹸というと肌の負担にならないことを優先してその他の美肌効果などはあまり重視されないようなイメージが強いかもしれません。

たしかに敏感肌な方には肌への刺激が少なく、安心して使える石鹸ですよね。

一方で、無添加の石鹸では美肌のためのケアができない・・・と考えている方もいるかもしれません。

 

実は今では無添加の石鹸でも美肌ケアを意識した美容成分配合の石鹸はたくさん販売されています。

特に先ほどもお伝えしていますが、枠練りの製造法や真空加圧の製造方法なら美容成分を維持したままの石鹸を作ることができますので、天然由来の保湿成分や美容成分にこだわったものを選択することもできます。

 

続いて無添加石鹸の人気ランキングベスト3を紹介していきますので石鹸選びの参考にしてみて下さい。

 

無添加石鹸人気ランキング

3位:よかせっけん

無添加石鹸 人気 ランキング

然(しかり)よかせっけんは素肌力を高める化粧品やスキンケア商品を作っているこだわりのメーカー。

『本当に素肌のことを考えたら、肌に余分なものは、いらない』というコンセプトで本当に肌のことを考えてつくられた完全無添加の石鹸です。

よかせっけんの『完全無添加』の定義は、

  • 防腐剤
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • エタノール

といった厚生労働省が『添加物』と定めるものを使っていない=完全無添加と定義しています。

 

枠練りの製造方法を採用することによって南九州にあるシラス台地にある天然美肌成分・超微細シリカパウダーをより多く配合することに成功しました。

 

成分一覧はこちらです。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

 

>> 公式サイトはこちら!<<

 

2位:どろあわわ

無添加石鹸 人気 ランキング

どろあわわはライザップで知られる健康コーポレーションがプロデュースした大ヒット洗顔。

いまでは830万個という驚異的な販売実績を誇っています。

  • 無香料
  • 無着色
  • 無鉱物油

の3つを重視しており、様々なランキングで1位を獲得しています。

女性ホルモンの代替として働くとされる植物性エストロゲンのイソフラボンや2種類の泥パワーを配合した今までにないタイプの洗顔が多くの女性から好感を呼びました。

まるで自宅で泥パックできるような感覚を味わいたいと思った方も多かったのではないかと思います。

泡立ちも大変いいので、お肌に触らずに洗顔できお肌を痛めることもありません。

 

成分一覧はこちらです。

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG-150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

>> 公式サイトはこちら!<<

 

1位 :しみずの無添加ボディーソープ

無添加石鹸 人気 ランキング

しみずの無添加ボディーソープは2017年モンドセレクション銀賞受賞。

無添加にこだわり、

  • 合成ポリマー
  • パラベン
  • 紫外線吸着剤
  • アルコール
  • 法定色素
  • 合成香料
  • シリコーン
  • 動物由来成分
  • 鉱物油

これらは一切つかっていません。

お肌に合わない場合は60日間の全額返金保証をつけているので、かなり商品に自信があることがわかります。

 

実際に様々なメディアで紹介されてた実績もあり、肌をかきむしってしまう子供もこの石鹸を使い始めただけで改善に向かったという報告もあるほど。

ビオチンというビタミンの1種に注目してバリア機能のセラミド生成を助ける働きを促進することに着目したのが特徴的です。

 

『洗う』というより『補う』ことでお肌本来の清浄力を高めることに注目しているのが他の無添加石鹸と大きな相違点です。

 

もちろんビオチン以外にも、おすすめの成分としてお伝えした、カモミールやラベンダーなども含まれています。

 

成分の一覧はこちらです。

水、ビオチン、セラミド6Ⅱ、セラミド3、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、カミツレ花油、ダイズタンパク、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリルー2、安息香酸Na、クエン酸、ラウリン酸ポリグリセリルー10、BG、クエン酸Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アラントイン、グリチルリチン酸2K

 

>> 公式サイトはこちら!<<

 

まとめ

無添加石鹸 人気 ランキング

いかがでしたでしょうか。

今回は無添加石鹸の人気ランキングと合わせて、無添加石鹸を選ぶ際に注目したいところなどをお伝えしました。

いまでは、不要な添加物を無くして天然由来の美容成分が含まれている石鹸もたくさんでてきています。

今回ランキングで紹介したものも人気のものばかりで口コミもいいものばかりなので、迷ってたらぜひ選んでみて下さいね。